太陽光発電の比率を上げるのに協力できる方法

エコエネルギーだから

太陽光発電はエコエネルギーの中でも、特にクリーンなほうじゃないでしょうか。風力発電は低周波で健康を害する人が多いから、風力発電の先進国のデンマークでは、洋上風力発電ってことで対応しているようです。洋上だと、電気の消費地と離れているから送電ロスがありますよね。それに、人家の中に建てたら健康被害で引越して行かなきゃならない人が続出するようなことでは、エコとも言い難いような気がします。水力発電は大規模なものだと、環境を破壊します。

太陽光発電の普及を願う

エコエネルギーの最たるものと考えられる太陽光発電だから、普及が進んでほしいものですが、初期投資費用がかなりかかります。雪が降らない地域の戸建てに住んでいる場合は、自宅の屋根を提供できますけど、導入費用が100万円以上しますからね。非常用電源になるから、長期ローンを組んでも導入する決断をする人は少なくないでしょうが、もっと手軽に参加できる方法もあります。1万円から参加できるのは、太陽光発電ファンドに出資するという方法です。

出資先の選択は慎重に

1万円だから捨て金って気持ちで、安易に出資するのは考えものです。本当にその投資ファンドが太陽光発電に出資しているのかどうか、可能な限り詳しく調べる必要があります。出資金が太陽光発電の推進につながるのかどうか、そこまできちんと見極めてお金を出すのでなければ、貢献にはなりません。飛び込み営業の話にのって、それがもし詐欺グループだったりしたら、事件になって、太陽光発電全体のイメージが損なわれたりもします。

太陽光発電投資は、初期費用が高額になります。自治体の補助金を使うと、大きな金額が返ってくるのでお勧めです。