日常を明るく照らす照明の存在

私たちの生活に密接した照明

日常生活を送る中で照明の存在は欠かすことができません。日中の陽が当たる時間帯にも店内を明るくし、商品ディスプレイに照明を当てる事により演出を促したりと様々な場面で活躍しています。そんなライトも進化をしLED対応として現在広まっています。電化製品や電球などのCMでもLEDを宣伝材料として目にする事が良くあります。これは、LEDがいかに使いやすく性能に優れているか証明されているため商品提供者はおすすめ出来るのです。

LEDライトの特徴と比較

それではLEDとはどのようなものでしょうか。通称発光ダイオードと呼ばれ、特徴として長寿命で高輝度を確保できる光源のためテレビの液晶や携帯のバックライト、公共の場では信号機などに使用されています。寿命は製品や使用環境、場所にも違いが出てきますが2万〜6万時間使用することが出来ます。白熱電球が3千時間のためその差は歴然です。寿命はランプの不点滅の場合ではなく光束が一定値を下回った瞬間が寿命と見なされます。

LED照明のメリットとデメリット

LEDランプの良い点は長寿命のためこまめな電気の交換が不要でガラスを一切使用せず有害物質を含まないため環境にも優しく廃棄処理にも困りません。家計面では消費電力が少ないため電気代が節約出来ます。最近は以前より需要が増えたため価格は下がりましたが、初めに購入する際に白熱電球や蛍光灯に比べると価格が高い傾向にあります。しかし、電気代節約や長寿命とトータルで考えると安く済むため部屋の照明を変更する事はおすすめです。

LEDライトパネルでは、光源となるLEDが大変長寿命なので、交換などのメンテナンスに掛かる費用を節約できます。