包茎における男性のコンプレックス

性に対しての積極性を欠くくらいなら

男性におけるコンプレックスの一つには包茎なども挙げられ、性行為における積極性にもつながる問題になりかねないものです。症状や状態にもよりますが包茎のために女性に積極的になれず、いつまでも恋愛や結婚ができないのは人生においても問題になる場合があり、悩むくらいであれば早々に解決してしまった方が良いでしょう。幸い手術などを行う事で問題の解決ができる場合もあり、どうしても問題があると言う方は専門の医者に相談してみるのも良いです。

病院利用しなくても問題ない場合も

包茎の手術においてはそれなりの費用が必要と言え、専門の病院などを利用する前には本当に必要なのかを慎重に判断しましょう。包茎においては性行為に問題がなければそのままでも良い場合もあり、必ず治療しなければならないものでもないです。コンプレックス面で精神的負担になるのであれば、今後の人生において良い変化があるのであれば検討してみるのも良いかもしれません。そのあたりの明確な意志を確認してから、病院に相談に行くと良いと言えます。

手術が必要な包茎もある

包茎の中には早急に手術が必要な場合もあり、このケースにおいては病院ですぐにでも治療を行った方が良いです。例えば性行為に支障がある場合や勃起時に剥く事ができない、剥けても締め付けて痛みなどを伴う場合など、素人判断では危険なケースもあり早めに専門の医者に相談した方が良いでしょう。施術においては痛みなどの面を考慮して、レーザー治療などの技術もあり不安を軽減してくれる可能性もあり得ます。一人で悩まずに、病院利用を検討すると良いかもしれません。

成人の包茎は汚れが溜まることで不潔になりますが、包皮を後退させて洗浄することで汚れを落とすことが出来ます。その一方で包皮が動かせない重度の包茎は炎症や排尿障害になりやすいので早期の治療が必要です。