太陽光発電で電気代をお得にするコツ

太陽光発電で電気代をお得にするために

光熱費を削減する方法として、太陽光発電を利用することが挙げられます。日中の太陽光をエネルギーに変えて、電気製品を使うことができるものです。基本的には発電した分はすぐに使う形になるので、照明や冷暖房、キッチンなどで使用することになります。けれども工夫することによって、さらに電気代をお得にすることが可能となります。まず使い切れない電気は電力会社へ売ることができます。その分、電気代の負担が減ることになります。

さらに電気代をお得にする方法

太陽光発電によって作り出した電気は、基本的には溜めることができないものです。そこで、電気式の給湯器を設置してお湯を沸かし、あとは少ない電力で保温すれば、かなり電気代をお得にすることができます。太陽光を得られない夜間も、安い電気代で保温しながら使うことができます。電気式の床暖房も、同じように日中の発電で沸かしたお湯を循環させることで、夜間も使用することができるようになります。深夜電力も活用することで電気代をお得にできます。

太陽光発電による電気の溜めかた

太陽光発電によって作り出した電気は、蓄電池が無ければ溜めることはできないものです。そしてその蓄電池はかなり高額なものとなります。そこで利用されているのが、電気自動車の蓄電池です。ここに太陽光発電によって作り出した電気を溜めておくことで、いつでも好きな時に使用することができるようになります。住宅をオール電化にすることによって、この蓄電池を活用することで電気代を払うことなく生活することが可能となります。

太陽光発電とは太陽の光を使用して発電する発電装置の事で、家の中の電気を太陽の光だけで補う事が出来ます。