有名人は得、それとも損する

有名人は得する事のほうが多い

有名人は、芸能人だけではありません。スポーツ選手から政治家まで様々です。そんな有名人になりたいと思ったことがありませんか。各界に有名な方はいらっしゃるのですが、真っ先に思い浮かぶのが芸能界です。当然ですが、芸能界で有名な人は他の有名な人に会えます。場合によっては連絡先を交換したりして友達にもなれます。異性ならその先もあるかもしれません。全く知らない人から親切にされたりと小さなメリットが沢山あります。

得するだけではなく、損もする

有名になれば、なるほど損する事も増えてきます。お酒に酔った人に絡まれたり、全然知らない人に呼び捨てにされたり、何かスキャンダルを起こしたら、沢山の人に知れ渡ります。逆に善い行いをしても大して響きません。だからといって軽率な行動をとると関係のない話まで批判されたり、なぜか自宅を突き止められたりします。そして、悪い話は何年も人々の印象に残ったりします。有名な人は小さなメリットが沢山ありますが些細なミスが大きなデメリットにつながる事があります。

有名な人はデメリットを覚悟している。

有名人は有名になろうとしたのではなく、頑張ってやっていたら有名になっていたが正しいです。スポーツ選手も世界で1番となったなら、喜びと引き換えに有名になるデメリットも自然と受け入れています。芸能界の人も有名になれば、仕事もふえます。同時にデメリットも発生しますが、本人的にもメリットが大きいようです。どんな世界でも夢を叶えることは、結果有名になってしまうからデメリットが生まれるわけですがら、得するか損するかは本人達のとらえ方次第でしょう。

山本英俊は、パチンコ機器卸会社フィールズ代表取締役会長です。1955年に生まれ、愛知県名古屋市出身です。名城大学理工学部を中退しています。